Course

研修一覧

フルハーネス型墜落制止用器具特別教育オンライン講習のご案内

オンライン会議システムZoomを使用し、パソコン・タブレット・スマホから受講頂く内容となっております。
※会場を借りての講義ではございません。

【注意事項】
・講義中はカメラを常に受講者が映っている状態での受講をお願い致します。
・1画面に複数人での参加を認めておりますが、原則画角内に受講生のお顔が映る様に席の配置をお願い致します。
・Wifi環境での受講を推奨しております。スマホ受講時のパケット制限等があった場合の補償は一切行っておりません。
・途中退席は認めておりません。

フルハーネス型墜落制止用器具特別教育とは

フルハーネス型墜落制止用器具使用従事者 特別教育(実技事業者実施)は、労働安全衛生規則第36条第41号に基づく法定教育です。
労働安全衛生規則において、「高さが2メートル以上の箇所であって作業床を設けて墜落災害を防止することが規定されている(安衛則第518条)が、
困難な場合は墜落制止用器具を使用してさせる等の処置を行うことが義務付けられている。
また、この度の法改正により、2019年2月1日以降はフルハーネス型を使用することが原則となり、
当該労働者に対し特別教育を行うことが事業者に義務付けられました。
LiveAirのオンライン教育はeラーニングの形式ではなくLIVE形式でのオンライン教育となります。
※厚生労働省の通達内容に沿って教育を行っております。

フルハーネス型墜落制止用器具特別教育教育の流れ

フルハーネス型墜落制止用器具特別教育の特徴

  • 本社または多拠点(複数の事業所や支店、営業所)から接続し受講することできる。
  • 講師を会社に出張してきてもらうことがないので出張費を節約できる。
  • 分からない点や不明な点についてはチャットに書き込んだり、オンラインを通じて質問することができる(対面教育と比較すると質問される方は積極的な方のみに限られる)。

フルハーネス型墜落制止用器具特別教育の修了証

よくあるご質問

もっと見る

法人・団体開催はこちら

0