Blog

ブログ

建設業界で必要とされる代表的な研修を、いくつかのジャンルに分けてご紹介します

建設業界で必要とされる代表的な研修を、いくつかのジャンルに分けてご紹介します

お疲れ様です。
WEB担当のべーやんです。
今回は、建設業界で必要とされる代表的な研修を、いくつかのジャンルに分けてご紹介します。

職長教育

  • 職長・安全衛生責任者教育
  • 職長等安全衛生教育研修会

特別教育

  • 高所作業特別教育
  • クレーン運転特別教育
  • 玉掛け作業特別教育

安全衛生教育

  • 新規入場者教育
  • 安全衛生責任者教育
  • 統括安全衛生責任者教育

技能講習

  • フォークリフト運転技能講習
  • 車両系建設機械運転技能講習
  • 足場の組立て等作業主任者技能講習

専門技術研修

  • 鉄筋工事技術研修
  • 型枠工事技術研修
  • 溶接技術研修

法令遵守・コンプライアンス研修

  • 建設業法令遵守研修
  • 労働安全衛生法研修

環境保全研修

  • 建設廃棄物適正処理研修
  • 騒音・振動対策研修

これらの研修は、建設業界で一般的に行われているものですが、具体的な研修名や内容は、実施機関や企業によって多少異なる場合があります。また、法令の改正や新技術の導入に伴い、新しい研修が追加されたり、既存の研修内容が更新されたりすることもあります。建設現場で働く方々は、自身の役割や担当する作業の内容に応じて、これらの研修の中から必要なものを受講することが求められます。特に、職長教育や安全衛生教育は、多くの作業員にとって基本的かつ重要な研修となっています。

【職長関連】
職長安全衛生責任者能力向上教育
職長安全衛生責任者教育【2日間】

【特別教育】
フルハーネス型墜落制止用器具特別教育

【研修関連】
保護具着用管理責任者教育
化学物質管理者講習に準ずる講習
足場点検実務者研修

上記の研修以外の内容でも個別に講演のご相談をいただけましたら、対応可能な講師を手配するなど、なにかお手伝いできることがあるかもしれませんので、是非お気軽にお問合せフォームよりご連絡お待ちしております。

今後ともよろしくお願いいたします。

【問い合わせフォーム】
https://live-air.jp/contact/

記事一覧に戻る

0